にじいろエッセイ

虹のように、いろいろなことをつらつら書くエッセイ

女のコの友情って難しい・1

大好きな人からは、1番に愛されたい。2番3番なんて絶対イヤ。それならいっそ、嫌われているほうがマシよ。

清少納言枕草子で、こんなことを語っている。
これは恋愛に関しての話だが、友情に関しても同じことが言えると私は思う。
女性は大好きな友達の、1番の友達でいたいものだ。

大学生の時、私は企業が経営する学生寮で生活した。そこでミナちゃん(仮名)と出会う。
ミナちゃんはいつもニコニコしていて、おもしろくて、友達になった。
しかし、私はミナちゃんが「いつも」「誰に対しても」ニコニコしていることに、モヤモヤした感情を抱くようになる。

なんで、友達の私よりも親しいとは言えない人にもニコニコしているの?
なんで、そんなに笑顔をばらまいているの?
その笑顔は、友達の私に向けてちょうだい!!
私を見てちょうだい!!

↑これがモヤモヤの正体だ。つまりはヤキモチを焼いていたのだ。
しかし、当時の私はモヤモヤの正体が分からず、ミナちゃんとどう付き合えばいいのか分からなくなった時期もある。

ヤキモチを焼くほど私はミナちゃんが大好きで、ミナちゃんの1番の友達でいたいと気がつくまで、時間がかかったな〜。

大好きな友達の、1番の友達でいたい。男性もこんな感情持って、モヤモヤすることあるのだろうか。聞いてみたいものである。

プリキュア・髪が伸びる問題

私はプリキュアが大好きだが、プリキュアに変身した時に髪が伸びる事に違和感を感じていた。

もともとセミロングの子がもっと長くなるのは、構わない。髪の長さが肩を越えていなくて、くくってもいない子が、変身すると髪がどーんと伸びる。すると、変身前とは別人のように見えて「変身前のあの子じゃない」ように見えるのだ。

中には、変身前のイメージを崩さず髪が伸びている子もいる。しかし、「あ~なんで髪伸ばすの〜」ということが多かった。
ショートヘアーにはショートヘアーの美しさがあると思うのに。


そんな私の考えを変えたのは、2018年に放送された「HUG(ハグ)っとプリキュア」のキュアエトワール・輝木(かがやき)ほまれちゃん。ショートヘアーの彼女がロングヘアーに変身するのを見て、あることを痛感した。

「そうか…ショートヘアーはアレンジに限界があるのか!!」

ロングヘアーだと
・そのまま垂らす
・ポニーテール
・ワンテール
ツインテール
・ふたつに分けて結ぶ
・ふたつに分けてみつあみにする
などなど…髪飾りをつけたりすれば可愛さも増す。

しかし、ショートヘアーは
・そのまま(+髪飾り)
だいたいこれくらいしかできないのだ。
ショートヘアーのアレンジもいろいろあるが、ロングヘアーのアレンジよりはるかに少ない。

だから変身したときにロングヘアーになるのか…不承不承ながら、私はプリキュア変身時にショートヘアーの子の髪がどーんと伸びるのを受け入れた。


で、完全に受け入れたのは2020年に放送された「ヒーリングっどプリキュア」の花寺(はなでら)のどかちゃん。
ショートヘアーの彼女がロングヘアーのキュアグレースに変身したのを見て…

か…カワイイ〜!!💖

つーか、かわいけりゃいーのかよっ!自分で自分にツッコミました😅

がんばれ、ヒーロー俳優

私は仮面ライダーやヒーロー戦隊を経験した俳優さんを応援している。
別にイケメン好きという訳ではない。ヒーローになるというのは大変なのだ。

まず、撮影期間の長さ。1年間撮影している作品はそうそう無い。一般のドラマは3ヶ月程度だし、朝ドラだって半年ほど。1年間ヒーローであり続けるのは大変なのだ。

最近の特撮ヒーローは、変身前の姿でアクションをしたり、変身前の自分の至近距離で爆発があったりと、俳優自身が身体を張っている。若くしてアクションの経験なんてしている俳優さんなんて、そうそういないだろう。アクションのレッスン、大変だろうな〜と見ている。

そして、彼らを待っているのは、子供たちだ。ある意味、大人よりずっとずっと真剣に見ている視聴者だ。生半可な演技をすれば、子供たちの夢を壊すだけ。俳優さんはいつだって真剣に演技していると思うが、ヒーロー作品の俳優さんは、どんな作品より真剣だと思っている。

そんな作品を経験した俳優さんを、私はその後も応援したい。羽ばたけヒーロー俳優さんたち!

なお、東映特撮ユーチューブオフィシャルでは、ただいま烈車戦隊トッキュウジャーを見ることが出来る。トッキュウ1号・レッドを志尊淳さん、トッキュウ4号・グリーンを横浜流星さんが演じている。今となっては豪華な組み合わせだ。(第一線で活躍するようになった姿を見るのも、楽しみのひとつ)
トッキュウジャーは一本のドラマとしても良くできた作品だ。それから、電車愛がこれでもかこれでもかと込められている。ぜひ大人の方も、1度視聴していただきたい。ハマりますよ〜😄

私が華道ギライになった訳

私は華道がキライだ。

お花そのものは大好きだ。きれいだし心が和むし季節を感じられるし🌼
しかし、「華道」になるとキライになってしまう。それは、最初の先生がまずかったからだ。

中学2年のクラブ活動で、私は華道を選んだ。その時は「お花を活けるって楽しそ〜」くらいだった。

しかし、その時の先生が…

まず、その日活ける花の名前を教えてくれない。何を活けるのか生徒の私達はちんぷんかんぷんなまま始まるのだ。
それから、活けるテクニックも教えてくれない。唯一教わったのは「長い花を奥にして、短い花を手前に活ける」くらいである。

果たして何という花を、どうやって活ければいいのか。もはや放置プレイ状態で私達は花に向き合わされた。
で、どうにかこうにかして花を活けて先生に添削してもらうのだが…
「あ~あ~、こう活けちゃったの〜」と言って先生は私達の作品に手を入れる。「どうしましょうね〜」と言って容赦なくハサミを入れ、花の配置を変えていく。そう、クチはシッカリ入れるのだ。私ではないが、1年間のお稽古で、先生が生徒の作品を褒めて添削なしだったのは、覚えている限りたった1回。
「あ~あ~、こう活けちゃったの〜」毎回こうなのだ。ロクに教えもしないくせに、批判はされるとこっちはイヤになってくる。


そして、最大の事件は学校の文化祭だ。
文化祭ということで華道クラブも作品を展示する。当然、いつもより豪華な花がくるだろうと思っていたが…

目の前に現れたのは、ぷにぷにの肉厚な丸い葉っぱがズラーと両枝に付いた謎の植物…
なんじゃこりゃ…生徒のみんなは絶句して、苦笑いしか出てこなかった。

勉強とは違う脳みそをフル回転させて、なんとか作品を作った。
そして、私はあることを決めた。この作品、先生に添削させない。
「先生、この作品はこのまま出します。添削しないでください」「あら、そう」先生と呼ばれる存在にはっきり抵抗したのはこれが初めてだった。

添削されたら「私の名前を冠した、先生の作品」になってしまう。下手でもいいから「私の作品」を展示したい。今振り返ると、私は無意識にそう思っていたのかもしれない。


結局、あの先生から教わったのは「先生が気に入るように花を活けなければいけない」だった。
それに気がついて、私は華道がキライになった。
ロクに教えもしないで、先生に気に入られるように花を活けるなんてイヤだ😠

華道で人を教える立場になる時、学校の先生のように教育実習みたいな制度はないのだろうか。教え方がヘタな先生に会ったら、華道をキライになる人が増えるだけである。(現に、ここにひとりいる)

コロナウイルスが流行する前、ショッピングセンターで時々華道の作品展をやっていた。子供たちが活けた作品だけの展示もあった。
子供たちよ、良い先生にめぐりあえたかい?華道は好きかい?いつもそんな目で作品を見つめていた。

スピリチュアルも合う合わないがある

コロナワクチンの副反応が治まりました😄
というわけで、コロナ以外の話を久々に書きます。

なんか人生うまくいかない…そういうときに頼るモノってありますか?
私は一時スピリチュアルにドハマリしていました。(今も好きですが)

それで、スピリチュアルをいろいろやってみて分かったのは、人と人に相性があるように、スピリチュアルも合う合わないがある、という事です。


例えば、スピリチュアル界でよく言われている法則「お金は使えば使うほど入ってくる」

これ、試しにやってみました。でもお金は入ってきません。
(お金が入ってくるったって、どっから入ってくるんだ…)と疑っているのがいけないのだろうか?などと考えてしまいました。

その後別の本に「お金は使えば使うほど入ってくる、というのは、よっぽどのポジティブシンキングの人でないと難しい」とありました。

な~んだ、そうなのか…ちょっとホッとして、お金の使いすぎは止めました。


いろいろ試してみないと、合う合わないも分かりません。みなさまにもスピリチュアルだけでなく、人でもモノでも考え方でも、良き出会いがありますように😊

いまだに続くワクチンの副反応

8月25日に2回目のワクチンを接種。しかし、副反応の頭痛が治まらない…
ずーっと痛いのではなく、痛いと治まるの繰り返し🔃精神的にも参ってしまい、しばらく家から出られなかった。
9月3日、やっと動けるようになったので、かかりつけ医に相談しに行った。

「あのー、コロナワクチンの2回目を受けたんですけど、頭痛が収まらなくて…」
「はい、では外の待合室で待っていてください」
外の待合室って、二重扉になっている玄関のドアとドアの間のスペース?(そこにイスが置いてある)

ちょ、ちょっと待って。これってもしかしてコロナ感染が疑われる患者対応!?
いや、私、ワクチンの副反応ですけど…

しばらくして看護師さんが来て、2週間以内に県外移動していないか、同居家族に体調不良の人がいないか、いろいろ聞いていった。

「じゃ、こちらの部屋で待っていてください」あっ、いつもの診察室じゃない。窓開けてサーキュレーター動かしてる。窓を向いて座るよう指示された。
な、なんか不安になってきた。先生が防護服で来たらどうしよう…

先生が入って来た。防護服は来ていない。ホッ。
市販のロキソニンをのんでいたことを話したら「あくまで対処療法でしかないので、薬が切れたら痛みも再発する。根本的に治さないと」と言われた。

とりあえず血液検査をすることになった。あと、漢方薬と、ロキソニンに代わる痛み止めを処方してもらった。

検査の結果はその日のうちに出た。異常なし。
とりあえず今は漢方薬と痛み止めの薬で対処するしかない。

今日9月6日現在、まだうっすら頭が痛い。
困ったのは、この痛みは副反応なのか月経前症候群なのか分からなくなってきたことだ。
1回目の教訓から生理の時期を外して2回目を受けたが、生理の時期が予想より早くなったことや、副反応がこんなに長く続くなんて思いもしなかったなど、いろんなことが重なった。

頭痛よ、早く治まってくれ…😐

(追記)この記事から2日後、頭痛は治まりました😄

8月25日、コロナワクチン2回目を接種

2回目のワクチン接種をしてきました。今回は副反応がキツかったです。
これからワクチン接種を…という方をビビらせるつもりはありませんが、あるがままをレポートしたいと思います。

ワクチン接種当日、軽い頭痛がしたので頭痛薬を飲む。あと、夕方から注射した腕が痛い。

2日目の朝…頭がすごく痛い!寒気もする!(冷蔵庫開けたら冷気にびっくりした)軽い吐き気もする…
なんとか朝ごはんを食べてロキソニンを服用。1時間横になる。

1時間後、吐き気と寒気は治まった。
しかし、頭痛との戦いが私を待っていた。

ロキソニンを指示通り飲んでいるが、頭痛が治まったと思ったらまた痛くなるの繰り返し。
これは精神的にもダメージがデカイ。一体いつになったら本当に頭痛が治まるのか?病院行ったほうがいいのか?でも頭痛で家から出られない…😥

やっと今日になって頭痛が軽くなった。もう1週間頭痛との戦いが続いている。まだ頭痛薬は手放せそうにない。速く完治して欲しいなぁ。

テレビなどで「38度くらいの熱が2日続いた」というコメントを見て(こちとら頭痛と1週間戦っているんだぞ!)と思ってしまった。


正直私は発熱を1番恐れていたが、発熱はなかった。何の副反応がどのくらい続くかは人それぞれ。
これからワクチンを接種する方は、できる限りの準備をして臨まれることをオススメします。